若さと健康を保つ秘訣「睡眠」

suimin.png

先日、夜遅くにパソコンに向かっていたら、目が疲れて、なんだかイライラしてきたので、途中で作業をやめました。その後、布団に入っても中々寝付くことができず、また、朝の寝起きも悪くて、グッスリ眠れていない感覚が残りました。やっぱり、夜にブルーライトを含めた強い光を受けることが、心身にとってよくないと実感した次第です。

パソコン等を昼夜を問わず活用し手際よく仕事をこなす人が、突然、精神的に病んだり、うつ病になることがあると聞きます。その気持ちがほんのちょっとだけ分かったような気がしました。

昔から、太陽が昇ったら起きて、沈んだら眠る生活が一番体に良いと言われていますが、言葉では分かっていても、体感してみないと骨身に染みないものですね。

人も自然の中の一部であるということ。地球のリズムに抗わず、それに合わせて暮らしていくことが、上手に生きる秘訣なのでしょう。

新型コロナウイルス対策として、今も、在宅勤務をされている方が大分いらっしゃると思いますが、働き方が変化する中で、仕事と生活の境界線が曖昧になりやすく、ますますセルフコントロールが問われていると考えます。自分でしっかりとルールを決めて、公私共に充実できるよう臨みたいものです。

もし、生活のサイクルが崩れ、昼夜逆転してしまうと、日光を浴びないことでホルモンの分泌が乱れ、益々夜に眠れない睡眠障害へと発展していくそうです。

夜眠れないと、昼間行動した身体の疲れがとれないのと同時に、アンチエイジング効果も得られないと言われています。あわせて、この活性酸素を処理する抗酸化作用が損なわれることで、動脈硬化などにより各種疾患を引き起こすリスクが高まるようです。

身体を錆びさせないためにも、夜にしっかり眠ってホルモンの分泌を促すことが若々しく健康を維持するコツのようです。恋愛・婚活中の方は、異性が求める条件である「若さ」を保つためにも、規則正しいライフスタイルを身に付けていきましょう。

規則正しい生活スタイルの詳細につきましては、ハウオリの7つの教育プログラムでお伝えさせて戴きます。

さてハウオリでは、新型コロナウイルスによる社会生活への影響がもう少し長引く見込みから、カウンセリング、入会面談及びお見合いなどを対面だけでなく、オンラインでも行なうことにしました。ご希望の方は、相談予約もしくはお問合せ、または電話等からお気軽にご連絡下さい。

PageTop