母の日

mother's day.png

5月12日は母への感謝の日ですね。

全国のお母さん、ご家族のために毎日ご苦労様で御座います。

1.子育て中のお母さん

昨今の若いお母さんは、共働き世帯がメインとなり、家事と子育ての他に仕事もこなされ、益々忙しい日々を送られていることと思います。本当にお疲れ様です。

さて、母の日なので、子育ての話をひとつさせて戴きます。

それは「母親の愛情によって、子供のストレスへの耐性に大きく影響する」ということです。母親がどれだけ愛情深く接するかで、子供の脳に変化をもたらし、ストレスに対処する能力が増すのだそうです。(遺伝学)

→このような日々の生活での留意事項につきましても、ハウオリマリッジのステップ④「心理学・脳科学・遺伝子学などの観点からアドバイス※」などでご説明して参ります。

2.子育て後のお母さん

子育てが終わった(息子・娘が社会人になった)お母さんから、まだ独身のお子さんについての結婚の相談を結構戴きます。

そして、当の本人に会ってお話を伺ってみると、「日々の忙しさから婚活が後回しになった、今の活動範囲では出逢いが限られる、年齢と共に異性との交流が減った、結婚への期待が持てない、恋愛・結婚を諦めた」等と婚活に踏み込めない理由は様々です。

明治安田生活福祉研究所の調べでは、35~54才の未婚者で、「生涯独身の決意・覚悟をした後で、やっぱり結婚したいと思うようになった」理由に、「老後一人で生活するのが不安になった」「一人で寂しくなったから」「子供が欲しくなった」などが挙げられております。

→最近の婚活の実態につきましては、ハウオリマリッジのステップ②「現在の置かれている男女の婚活実態をもとに、どう行動すべきかを提案。」でご説明させて戴きます。

働き盛りの年頃は、仕事などが忙しいので、休息を求めがちですが、今のうちにしっかりと自分の人生(生き甲斐など)を見つめておかないと、歳を取ってからでは取り返せないことも出てくるかも知れません。

いずれにしても、パートナーを選ぶ際は、男女共に先ずは年齢で選別していく傾向がありますので、もし結婚を考えておられるなら、早めに活動されることをお勧めします。

※ハウオリマリッジの役立つノウハウ「独自の7つのプログラム」
①現状の課題から貴方に合った婚活サービスを助言するコンサルタント機能。
②現在の置かれている男女の婚活実態をもとに、どう行動すべきかを提案。
③貴方を理解し、伸ばすところと、良くするところを提案。魅力を引き出す。
④心理学・脳科学・遺伝子学などの観点からアドバイス。役立つノウハウを提供。
⑤内面の魅力を高める。
⑥外見の魅力を高める。
⑦会話を磨く。

PageTop