恋愛・婚活が上手くいかない理由(会話・コミュニケーション:後編)

umakuikanaiwake.png


舞い上がって会話にならないなら、気持ちを落ち着かせ、相手を幸せにし心ときめかすこと


マッチングアプリや結婚相談所などに入会・登録していざ活動してみたものの、異性との交際が順調に進まない人も少なくないようですね。たとえば、半年~1年程度活動を続けていて、直接会えたとしても交際にまで行かなくて困っているとします。もし、あなたがその当事者だったら、何が原因と考えどう取り組みますか?

恋愛で上手くいかないのは、相手サイドに原因があるのか、自分サイドにあるかのどちらかです。そして、実際に面談などしてヒヤリングしてみないと分かりませんが、問題は案外自分側にあるかもしれないのです。

前回は、コミュニケーションの大切さについて投稿しましたが、今回は、お見合いなどで緊張してしまったとき等に解決するやり方についてコメントします。


【状況】緊張して気持ちが上擦っていてはコミュニケーションはとれない


異性と二人っきりになれて嬉しい反面、いざそのシチュエーションになったら、何を話したら良いのか分からず、沈黙が長く続いて気まずい雰囲気になってしまったという経験はありませんか?

それは、あなたが「舞い上がってしまった」からでしょうか? それとも異性とのコミュニケーションで「何を話したらよいのか分からず困っている」のでしょうか?


【対策】先ずはあなたの感情を静めること。そして異性の心を満たし躍らせること。


①もしあなたが内気な性格で、好きな人との対面で緊張してうまく話せないようなら・・・


あなたは少し感情的になっているようですので、深呼吸して一旦気持ちを落ち着かせてみましょう。

感情を抑え込むように平常心を保って、異性との会話に集中してみるのです。これは我を忘れて相手に夢中になるということとは違います。異性によって昂る気持ちに流されないように心掛けるということです。

どうしても舞い上がってしまい会話にならないようなら、カウンセラーや恋愛経験豊富な友人に一緒に加わってもらい、会話の進行を頼んでみては如何でしょうか。信頼できる人にサポートしてもらえることで、安堵感や勇気が得られるのです。これらは心理学的にも効果があると言われています。

更に、会話が途切れた時の気まずさを取り除いてくれたり、予期せぬ出来事に柔軟に対処してくれたりなど、あなたを心配事から解放してくれることでしょう。

但し、友人の場合、「異性の心を奪われないように」気をつけることも必要かもしれません。恋愛経験豊富な友人ならば、相手の心を射止める術を体得していることも考えられるからです。


そして、あなたの心にゆとりが出来たら、相手を満たすことに腐心してみましょう。

異性が幸せに溢れているのなら、自分もその良い影響を受ける筈です。また、相手も尽くしてくれるあなたに興味を示し、もっと知りたくなることでしょう。

もし、それでもしっくりこないようなら、異性の心をときめかすことが出来ていないのかも知れません。「異性の心をときめかす」とは、あなたの「異性としての魅力」を発揮することと「特徴」をアピールすることです。詳しくは、ハウオリのハウオリの7つのプログラムやカウンセリングなどでお伝えします(もしくは、別の機会に投稿します)。


②異性との会話で、どんな話題を提供したらよいか分からないようなら・・・


今まで恋愛経験が少なかったり未体験なため、その方面の知識が揃っていないだけではないでしょうか。自ら経験し自分を磨いていけば、自然と異性との会話の仕方が身に付いてくるものです。

しかし、それには失敗もつきものですので、精神的ダメージを受けやすい人などには、それらの知識の豊富なカウンセラーや、充分な恋愛経験がある友人などにアドバイスを受けてみるのも有効な手段です。そうすれば、時間と労力も軽減できることでしょう。また、以前に投稿した「経験・知識不足」も参考にしてみてください。


会話の進め方のノウハウなどの詳細については、ハウオリの7つのプログラムやカウンセリングなどの中でお話ししていきます。


もし貴方が、恋愛・婚活で、なかなか上手くいっていないのなら、ひょっとしたらやり方が間違っているのかもしれません。たとえばハウオリでは、異性に中々選ばれずに悩んでいる人には「自分を変えて、相手を惹きつけるコツ」を、相手を選び過ぎて困っている人には「自分が変わって、相手を受けいれる秘訣」も助言していきます。

さてハウオリでは、新型コロナウイルスによる社会生活への影響がもう少し長引く見込みから、カウンセリング、入会面談及びお見合いなどを対面だけでなく、オンラインでも行なうことにしました。ご希望の方は、相談予約もしくはお問合せ、または電話等からお気軽にご連絡下さい。