幸せに感じるかは貴方次第

kitakamakura1904.png

先日、天気も良く、暖かい陽射しで気温も上昇し、からっとした湿度で気持ちが良かったので、北鎌倉に行きました。沢山の緑に囲まれたお寺などを訪れてみると、思わず深呼吸してしまいますね。

ご存知のように、樹木などにはフィトンチッドという成分が含まれていて、「ストレスやアレルギーを和らげたり、免疫力を高めてくれる作用がある」とされています。

植物が外敵から身を守るために備わったこの機能が、人にも有益をもたらしてくれるなんて、素晴らしいですね。自然の力の奥深さに驚くとともに感謝です。

森林浴によって副交感神経が優位となり、リラックス効果が得られるとのことで、忙しい日々を過ごされている方にとっては、英気を養うのに丁度良い気分転換になるのではないでしょうか。


自宅に戻って画像を見返しても、その時の体感が蘇ってきて、心(気持ち)が安らぎます。このように人の気持ちは、(外部の)環境などにより左右されますね。

例えば、晴れた日では意気揚々と出掛けるのに対し、雨だと憂鬱な気持ちになったり、天候(気温・湿度)などでも揺れ動いてしまいます。

このような変化は、自身の心で起こっていることで、自分の気持ち(捉え方・考え方)を上手にコントロールすることが出来れば、前向きな実りある人生を送ることに繋がると考えています。

→「物事への注目・解釈の仕方によって、その人の気持ちに変化が起こる」などの日々の生活での留意事項につきましては、ハウオリマリッジのステップ④「心理学・脳科学・遺伝子学などの観点からアドバイス※」などでご説明して参ります。

次回はその気持ちの捉え方(注目・解釈)について書こうと思っています。

kitakamakura1904-2.png