子供を望まれる方は早めに活動を始めましょう(男性も妊娠適齢期を認識しましょう)

近年、ライフスタイルの多様化により晩婚化傾向にありますが、妊娠適齢期を大きく
変えることは出来ないものと思われます。卵子・精子を凍結保存し体外受精する方法で、
妊娠・出産の時期を伸ばすことが出来ても、費用やリスクを伴います。特に男性は、
自分が妊娠・出産しないため、その意識が低いとされておりますが、しっかりと認識し
早めに活動を始めることをお勧めします。

内閣府の「結婚・家族形成に関する意識調査」で、「女性の妊娠する力は35歳前後
からだんだんと下がり始め、40歳をすぎると妊娠し難くなると言われていますが、
このことを知っていますか」という質問をした際、未婚の20、30代男性の約3割
(28%)が知らないと答えています(未婚の20、30代女性は約1割(12.2%)
が知らないと答えている)。

また、2013年の厚生労働白書では、年齢が妊娠に与える影響について知識が有るか
否かのアンケート調査を行ったところ、10〜20代の若者のおよそ7割は知識を持って
いると答え、聞いたことがないまたは知らないと答えたのは3割と、内閣府の調査と
似たような結果が得られております。

一方、2010年のESHREの調査では、30代以上の日本人女性における妊娠と年齢の関係
について、およそ7割が知識の欠如を認めたと報告されており、欧米の2-3割に対し
圧倒的に多い割合となっております。

また、公益社団法人 日本産婦人科医会によりますと、男性の場合も加齢による精巣
機能低下に伴い、妊孕能の低下や流早産率の上昇に寄与するといわれております。
2000年の男性年齢と妊孕に関する疫学調査によりますと、25歳未満の男性を基準と
すると35歳以上では一年以内に妊娠へ至る確率は1/2になると報告しております。男性
も年齢とともに妊孕能が低下することは明らかなようです。

以上より、男女共に妊娠適齢期を正しく認識し、ご自身の年齢と照らし合わせて、
婚活の時期を決められることをお勧めします。

しかしながら40歳代での出産が非常に伸びているのも事実です。
妊娠適齢期(ご自身の年齢)について不安をお持ちの方は、先ずは専門機関などで
正しい知識を習得することが肝要かと思います。それらの情報をもとに、様々な
選択肢の中から最適なものを選んで行動することをお勧めします。


明治安田生活福祉研究所の調べでは、女性は結婚の対象として、お相手に対し自分と
同じ年齢層を希望する方が大半です。男性の方は、成婚の確率を上げていくために、
ご自身と同年齢層(5歳下くらいまで)の女性を意識して活動されることをお勧め
します(ちなみに、男性は自分より5~10歳若い女性を希望される方が大半です。
女性の場合は、少し高めの年齢の男性にも対象を広げることで、成婚の確率を上げて
いきましょう)。
このような各種データは、当相談所の特徴であります「ハウオリ オリジナルの成婚
(成功)への3ステップ」でご紹介してまいります。

実際にお相手に会って見なければわからない(その3.自分磨きを怠らない)

その3.自分磨きを怠らない

お見合いでは、初めてお相手の内面に触れることが出来ますので、お相手の良い
ところを感じ取っておくことも大切です。

裏を返せば、ご自身の内面も観察されていることに繋がりますので、人格形成の
ための日頃の自己研鑽が欠かせません。自分を成長させていきましょう。

ハウオリ「オリジナルの成婚(成功)への3ステップ」では、

「自己中心的な方、社会人としてのマナー(常識)を持ち合わせていない方、
自制心に欠けている方、バランス感覚が悪い方」などは、

男女を問わず嫌われる傾向があることをお伝えしておりますが、そういった行動
は自分では気が付かないこともしばしばあります。

そのような時は、カウンセラーのサポートが効果を発揮します。

実際にお相手に会って見なければわからない(その2.お相手に会って相性を確認)

その2.お相手に会って相性を確認

ハウオリでは、「オリジナルの成婚(成功)への3ステップ」で、貴方の魅力を引き
出し、貴方に合った活動の仕方をアドバイスして、成婚までの確率を高めますが、
お見合いで、実際に会ってお相手を体感できるのは貴方だけです。

お見合いには、お相手に好まれる服装や髪型(女性なら化粧)などを整えて臨み
ますが、現地では、お相手の顔の表情、声のトーンや会話のテンポ、身振り手振り
など、一連の動作を、目で見て、耳で聴き、鼻で嗅ぎ、五感をシンクロさせて相性
などが良いか見極めている筈です。

このように、相性などは、実際に会ってみて初めて確かめられることですので、
より多くの方とお見合いすることをお勧めします。

ネットでは分からない、リアルで体感することは非常に重要です。

実際にお相手に会って見なければわからない(その1.香りは人を惹きつける)

その1.香りは人を惹きつける

今年は6月に梅雨明けしてしまい、暑い日が続きますが、皆さん如何お過ごし
でしょうか?

私は、先日散歩の途中で良い香りに引き寄せられました。この良い香りとは、
カレーや焼き肉などの食べ物の匂いではなく、花の香りです。

それは、甘い香りを放つ「クチナシ」です。思わず深呼吸してしまいました。
この甘い香りに誘われて昆虫が集まってくるのでしょう。

皆さんもご存知のように、花の香りや色は、昆虫などを呼び寄せ、体に花粉を
付着させて運んでもらうためのものです。いわゆる植物は生き延びるために、
虫を利用して受粉しているのですね。

虫だけでなく私も引き寄せられたわけですが、この匂いは、人を惹きつける
のにも有効な手段であることは、言うまでもありません。

お見合い等で実際に会った際に、体感する大きな判断材料の一つとなります
ので、適度な量の香水などを活用することも効果的です。但し、過度な量を
つけたり、きつい匂いは、かえって逆効果となりますので、注意が必要です。

また、嗅覚のカテゴリーとしては、ホルモンの分泌によるフェロモンも該当
すると思いますが、このホルモンのバランスを整えるには、正しい生活習慣
(健康)が欠かせません。

適度な運動と、規則正しい食生活、質の高い睡眠をとるよう心掛けましょう。
過度なストレスは、自律神経が乱れホルモンのバランスを崩すので禁物です。

恋愛でフェロモンは活性化するようですので、多くの出逢いでトキメキを感じる
のは有効ですね。

婚活を始めるにあたり貴方は健康ですか?

こんにちは、ブログを始めました。
ビジターの方、どうぞ宜しくお願い致します。

皆さんは、忙しい日々を過ごされていることと思いますが、更に婚活を始められることと
なると、休日も体を休めることが出来なくなるかも知れませんね。体調を崩さないように
ご留意下さい。

婚活を能動的に進めて行くためにも、健康であることはとても重要なことと考えます。
ストレスや寝不足、不規則な食生活、運動不足だと、心身共に精力的な行動に移せない
ことを実感されることはありませんか?

例えば、仕事上のトラブル等で強いストレスを受けて、胃が痛くなったり、食欲がなく
なったり、またはドカ食いしたりすることがあると思います。心(脳)に受けたストレス
で、身体が思うようにならなくなってしまう。蓄積してくるとうつ病などの病に掛かる
こともありますので、そうならないように睡眠や運動、入浴、音楽、読書、カラオケ、
アロマの香りを嗅ぐなどして、気分転換を図りましょう。

また寝不足だと、体がだるかったり、思考力が低下したり、肌荒れになったりもします。
ご存知のように良質な睡眠は、体の疲労を回復させ、脳では記憶を整理し、心身の機能
をリセットしてくれますので、充分な睡眠を取るよう心掛けたいものです。

仕事が多忙だと、手軽なインスタント食品等を摂取したり、昼や夜の食事の時間帯が
まちまちだったり、暴飲暴食して、体調を崩したりもします。当たり前のことですが、
体のもととなっているのは食物です。ないがしろにせず、適切なものから、充分な栄養
を規則正しく採るよう努めましょう。

運動不足も肥満の原因になりますし、何よりも婚活される方々にとっては、スタイルも
気になるところです。エスカレーターよりも階段、通勤時に出来る限りウォーキング
する等、日々の生活の中に効率よく運動を取り入れたいものです。

先ずは自ら健康な状態を作り出して、精力的に婚活が出来るようにしましょう。

以下の画像はハワイに長期滞在していた時に撮影したものです。重いファイルが置けない
ため、リサイズして解像度が落ちてしまいますが、皆さんが少しでも癒されれば幸い
です。

20180630.png