カウンセリングで捉え方をプラス思考に、そして新しい自分を発見する

誰にでも他人と比較して外見や性格などで劣等感を感じてしまったり、自分の嫌なところが目に付いたりすることがあると思います。但し、これらはあくまで本人の判断であり、第三者から客観的に見たら同じ解釈とならないこともあります。

カウンセリングの基本は対面です。直接面談してみないと、その人の個性を五感で感じることは出来ません。面談であなたを体感し、魅力を引き出していきます。
その個性を如何にプラス思考で前向きに取り組み、特徴として捉えられるかが肝要かと思っています。

例えば、物事を神経質に考えがちな方なら、細かいところまで目が行き届く・配慮が出来るとか、他人との会話で自分からなかなか話し掛けられない方であれば、話をよく聞けるので相手が話しやすい等。気持ちを良い方向に捉えることで、新しい自分を発見できると思います。

また、ある物事について一人では尻込みしてしまい、諦めて後悔してしまった経験はないでしょうか。そんな時、カウンセラーにサポートしてもらって二人三脚で前に進めば、今まで成し得ることが出来なかった「やる気や勇気」を勝ち取れると考えております。

ご存知のように心と身体は一体ですので、思い悩んだり落ち込んだりすると身体も動いてくれませんし、影響がでます。でも「その課題をどうしたら克服出来るのか」と能動的な捉え方におき換えると、身体もそれに応えてくれる筈です。
自ら心をコントロールすれば、新しい一歩を踏み出すことが出来ると考えています。それもあなた自身の気持ち次第です。共に活動すれば、生き方を変えられると思っております。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)